テーマ変更。表示崩れなど修正中です…ご了承ください。

ダイエット継続には「うれしい」という気持ちが必要と思う

2013年は全体的に“うだうだ”していたように思います。これじゃいけないと思って、初心に戻ってモムチャンダイエットを再スタートさせたのが8月。さらに「再々スタートだ!」と言ってたのが10月のことでした。何やっているんだか^^;

それなのに体重減らず・・・停滞期どころか少しずつ増えてるじゃんヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

2012年と比べて何が違うのか?無意識に少しずつ食べる量が増えていたという物理的な要因はもちろんなんだけど、一番の原因は「うれしい!」という気持ちになれなかったからだと思います。

少しずつ増える体重に対し「数値に一喜一憂しないぞ」と思っていても、やっぱりがっかりするわけです。「なーんだ」という気持ちになると、いろいろ億劫になってきて・・・

それに対し2012年は、体重計に乗るたびに数字がどんどん減っているので「うれしい!」という気持ちになりました。「よっしゃ、今月も頑張るぞ♪」とやる気もアップ。やる気が出ればモムチャンダイエットだって集中できるし、食事にだって気を使うことができました。

そして体重に変化があれば、当然「痩せたね」といわれるわけで・・・ダイエット中の人にとって「痩せたね」は最高の褒め言葉じゃないですか?!「そ、そうかな?」なんていいながら心の中で「うれしいっ♪」ってニンマリしたり(笑)

うれしい気持ちでやるモムチャンダイエットは最高に楽しいし(*´Д`*)

stump01-002

【うれしい!】があるとダイエットって自然と頑張れるんですよね。「体重減⇒うれしい⇒がんばる⇒体重減⇒うれしい」という好循環を生み出せたら、簡単にダイエット成功しちゃうと思います。

2013年は「体重増⇒がっかり⇒うだうだ⇒体重増⇒がっかり(´・ω・`)」という負のスパイラルに、すっかりハマっちゃったかんじ^^;口では「気にしない!」といいつつ、実は落ち込んでいた私(笑)

ためしてガッテンの「長い停滞期にはムリにでも体重を落としてみる」という方法は、減った数値をみることで「うれしい!」という気持ちを引き出すのが狙いなのかなと思いました。

「うれしい!」という気持ちになって、やる気スイッチ入るといいな。やる気スイッチは「うれしい!」と思う脳にあるんだから、口でいくら「頑張るぞ~」と言ってもダメだということがわかりました(*´Д`*)

食欲コントロールが難しい生理期間になってしまったので、落ち着いたら体重の数値を減らす努力を開始したいと思いますp(´∇`)q

コメント

  1. ともこ より:

    ここをみて励みにしてます。私、さぼりすぎのつけが現れ、おなかパンパンになってしまいました(>_<)反省!また開始します!
    tiaraさんは、かなりやせましたよね。今がベスト体重なのかも?私は今年はいって明らかにおなかパンパンだし、腰も心なしか痛い…ぎっくり腰再発?と恐れてます。体重減らなくてもいいから、腰回りすっきりさせたいなぁ。

    • tiara21* より:

      >ともこさん
      モムチャンをサボるとおなかにきますよね~^^;私も何回も経験しています(笑)
      今の体重(55~56kg)は、今の食生活+運動量でキープできるベスト体重なのだと思います。BMI22の健康体重ですしね・・・でも理想はBMI20の50kgなんです(*ノノ)
      腰は本当に体重が関係してきますよね!気をつけたほうがいいです~><
      私も先日、腰に違和感をかんじまして・・・腰痛は体重よりも筋力が大事なのかな?どっちにしろモムチャンダイエットで解決できることなので一緒に頑張りましょうね!