人は「一気に変わりたがる」が、なかなか「変えられない」

今までの傾向として、「健康診断までに」とか「年末までに」とか焦って「気合入れて頑張ろう!」とすると、必ずやる気がでなくなります。これは私の意志が弱いからだと思っていたのですが、そうではなかったようです。なぞが解けました(*´Д`*)

心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんの先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)は、やらなきゃと思っているのに動けないの背中を押してくれる本で、ダイエットの例もたくさんあって「あるある!」と思わず笑ってしまう事例がたくさんありました。

運動やダイエットを、絶対やったほうがいいとわかっているのに、なぜできないのか?その理由は、今の現状が心地よいからだそうです。気合を入れたときほど、やる気が失せてしまうのは「現状維持バイアス」のせい。

心理学で使われる言葉の「現状バイアス」によれば、人は現状維持をしたがり変化を嫌う傾向が強いのだそうです・・・確かにそうだ!

ダイエットをしようと思えば、運動するための時間をつくらなければなりません。「今までしていたことの何かをやめて時間をやり繰りしてまで、汗を流してゼーハーする生活なんてイヤ~><」と無意識に思うのではないでしょうか(笑) 私もそう思っている時間(何年も)長かったなぁ^^;

そして人は、いざ何かを始めようとすると勢いをつけて一気に変えたくなります。「一気に変りたい」という願望があるからですが
「変わる」ことと「変える」ことは違う!
一時的に「変える」ことはできても、一気に「変わる」ことはできない
・・・だからやる気が長続きしなくなるんですね(´・ω・`)

スポンサーリンク

 

では、どうしたら現状維持バイアスを外すことができるのか?その対策としては「現状を維持しながら動き始める」という方法が提案されてます。一気に「変わる」ことができないのであれば、少しでも「変える」ことが重要なんだとか。

ダイエットでいえば、一気に体重を減らそうとして断食や極端に食べる量を少なくするより、毎日のごはんを一口分だけ少なくすることの方が重要ってことかな?
モムチャンダイエットも今のペースを続けながら、ひとまわり大きな動きをすることを心がけた(変えた)ほうが、体が「変わる」ってことですね(*´Д`*)

ダイエットにくじけそうになったらそもそもなぜダイエットを始めたのかというところに立ち返ってみて、モチベーションの「根元」を明らかにするといいそうです。

私はメタボと診断されてしまって健康のためにモムチャンダイエットを始めたのですが、だんだん「オバサン体型を結婚前のスタイルに戻したい→可愛い服をもう一度着たい→チョンダヨンさんのように活き活きとした女性になりたい」と、いろいろモチベーションの源泉が変わってきました。たぶん、最初のモチベーションだけだったら、脱メタボできた時点でやめてたと思います。

体がリバウンドするのは、現状維持をしようとするから。心も現状維持してたら永遠にダイエット成功できないのね・・・意思の力を発揮しようとドライブを強めにかけると、それ自体が行動を制限してしまうということが心理学の研究で発見されたのは最近だそうですよ。

現状維持バイアスを外すため、少しずつ変えていこうと思います(*´Д`*)

スポンサーリンク

 

tiara24(ティアラ)

投稿者プロフィール

2010年7月よりモムチャンダイエット開始。2012年72kg⇒52kg達成!2017年1月64kgから再開!目標①55kg目標②52kg、理想は46~48kg(*´Д`*)
ダイエットとエイジングケアに焦る40代後半♀。猫と野球が好き。千葉に生息中^^
facebook twitter←ブログ更新通知してます♪

ブログ型ダイエット日記
ダイエットブログ日記『ダイエット☆マメグラフ』

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Infomation

ご訪問ありがとうございます。管理人tiara21*改めtiara24です。とりあえずの目標は標準体重55kg!ガンバロー♪

にほんブログ村 ダイエットブログ モムチャンダイエットへ

ビフォー&アフター

  1. 2015-3-10

    チョンダヨンさんと2ショット!サインとお土産いただいて大満足♪

  2. 2014-4-27

    【モムチャンダイエット効果】体型写真のビフォー(2010年7月)&アフター(2012年7月)

  3. 2014-4-22

    憧れのチョンダヨンさんと写真を撮って、握手してもらいました!来年までに絶対痩せてみせると誓ったよ(*´Д`*)

ページ上部へ戻る