10日間飲んでみた感想・・・やはりお通じに変化きた(笑)【美いね!「高麗紅参茶」】

【紅参】について勉強してからはや半月が過ぎました。約10日ほど「美いね!高麗紅参茶」 を飲んだ感想をご報告します。「これがサポニンパワー?」と思うことがありましたよ~♪

PA110060.JPG

空腹時に1日1包飲んでみた

吸収が早いから空腹時に飲むのがオススメとのことでしたので、ちゃんと食間に飲んでみました。小腹が空いている時に温かい高麗紅参茶を飲むと空腹感がちょっと紛れるのでよかったです。ダイエット中は空腹感との闘いだったりしますものね^^;

PA110066.JPG

美いね!高麗紅参茶は必要なサポニンを1包でまかなえるから、1日1包にしました。2包飲んでも問題はないけれど、なんとなく一度に飲んでしまうのはもったいなくって(笑)ちびちび長く飲みたいと思うのでした(*ノノ)

高麗紅参茶をコーヒーに入れてみた

お湯で溶かして飲むのに飽きたら他の飲み物に溶かして飲むのもオススメとのことだったので、いつも飲んでいるコーヒーに高麗紅参茶を溶かして飲んでみましたよ!

PA110071.JPG

コーヒーはもともと苦いものだから高麗紅参茶の苦味はわからなかったけど、やはり香りはコーヒーに勝っていたかも。う~ん、まずくはないけど美味しいとも思わないっていうのが正直な感想かな^^;

私は基本のお湯で飲んだ方が好きです。お湯の量は200~250mlぐらいにして、ちょっと甘く感じるくらいがちょうどいいです。お湯の量はいろいろ試して自分好みの量を見つけるといいですね!

実感はお通じからきた!

「まずはお通じ」が変化のサインということで、私もその時を待ってました(笑)最初の3日間くらいは何も変化なかったのですが・・・4日目くらいにキマシタ。ついにきたんですよ(*ノノ)

私は特に便秘の悩みなどはなく、毎日お通じがある人です。でもね~違いがわかったんですよ・・・例えば腸を配水管だとします。配水管には毎日水が流れていてもヘドロのような汚れがつきますよね?

そのヘドロがね、高麗紅参茶によって洗い流されたみたいなかんじでした(笑)別にお腹痛くなったりしないけど、ゆるい便(しかも臭い)が出まして・・・汚い話でスミマセン<(_ _)>

そして翌日からは立派な健康優良児を産み出しております。いや~快適ですわヾ(≧▽≦)ノ
※個人の感想です

PA110065.JPG
もう少し飲み続ければ血行に関しても変化を感じられそうな気がします。血行がよくなれば寝つきもよくなり、熟睡できれば成長ホルモンが分泌されて、肌や髪にもよい影響があるはず・・・

サポニンは肝臓に蓄えられて体調不良に備えてくれるそうです。今の私は健康だけど、健康なうちからサポニンを蓄えておくのは賢い選択かなと思います。体調を崩してからじゃ遅いし(>_<)蓄えがあれば安心ですものね!

【紅参】の力を信じて、しばらく飲み続けてみます(*^_^*)

もっと詳しく知りたい方はこちら⇒「美いね!高麗紅参茶」
★先着で『体感お試しセットプレゼント(10包約10日分)』キャンペーンが始まったようです!
「美いね!」をチェック⇒http://bene.co.jp/

top_bana11


※ブログスカウト事務局モニター企画に参加しています
※画像は許可を得て使用しています

tiara24(ティアラ)

投稿者プロフィール

2010年7月よりモムチャンダイエット開始。2012年72kg⇒52kg達成!2017年1月64kgから再開!目標①55kg目標②52kg、理想は46~48kg(*´Д`*)
ダイエットとエイジングケアに焦る40代後半♀。猫と野球が好き。千葉に生息中^^
facebook twitter←ブログ更新通知してます♪

ブログ型ダイエット日記
ダイエットブログ日記『ダイエット☆マメグラフ』

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Infomation

ご訪問ありがとうございます。管理人tiara21*改めtiara24です。とりあえずの目標は標準体重55kg!ガンバロー♪

にほんブログ村 ダイエットブログ モムチャンダイエットへ

ビフォー&アフター

  1. 2015-3-10

    チョンダヨンさんと2ショット!サインとお土産いただいて大満足♪

  2. 2014-4-27

    【モムチャンダイエット効果】体型写真のビフォー(2010年7月)&アフター(2012年7月)

  3. 2014-4-22

    憧れのチョンダヨンさんと写真を撮って、握手してもらいました!来年までに絶対痩せてみせると誓ったよ(*´Д`*)

ページ上部へ戻る