太るやせるは腸内細菌で決まる!?ダイエット成功のために腸内環境整えよう

2014年6月8日TBS「駆け込みドクター 腸の7つのスゴい力SP」ですごく気になることがありました。それは「太るやせるは腸内細菌で決まる!?」というところ・・・細菌ですよ、細菌!

アメリカ・ワシントン大学の研究で、肥満やメタボの要因が「食べ過ぎ・運動不足」の他に「腸内細菌の変化」によるということがわかったそうです。

肥満型の腸内細菌は欧米人に多いそうですよ。欧米型の食生活は、脂肪やカロリーが多く肉食中心で腸内細菌のバランスがくずれやすいんですって。逆に伝統的な日本食は◎

腸内細菌をコントロールする肥満防止の研究が進められているくらいだから、ダイエット成功させるには腸内環境を整え、良い腸内細菌を増やす努力をすべし!ってことですよね^^;

スポンサーリンク

 

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいて「2:1:7」のバランスがベストだそうです。善玉菌は消化吸収の促進、免疫力アップ、有害物質の解毒・悪玉菌の増殖の抑制などの働きをします。数が多いとその効果は高まります。

悪玉菌は腸内を腐敗させる有害な物質を作り人体に悪影響を及ぼします。数が多くなると免疫機能を低下、ガンを引き起こします・・・でも体内に入ってきた有害物質を攻撃する働きもあるので全くのゼロってわけにはいかないんですね^^;

日和見菌は良くも悪くも働く菌です。善玉菌が優勢時は善玉菌の働きを助けるので、悪玉菌を押さえ健康に保ってくれますし、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の働きを助けるのでカラダに様々な不調を起こします。

ぬか漬け、更にいい感じになってきた!
ぬか漬け、更にいい感じになってきた! / omoon

肉食中心で野菜をあまり食べないと悪玉菌が増え、発酵食品(ヨーグルト・ぬか漬け・みそ)を食べることで善玉菌を増やすことができます。う~ん、太っている時の私の腸内細菌は悪玉菌優勢だったと思う・・・完璧に野菜不足だったもん^^;

今は毎朝ヨーグルト食べているし、味噌汁に納豆、キムチ・・・なるべく食べるようにしているのでだいぶマシになったはず・・・でもダイエット成功するにはビフィブス菌や乳酸菌をもっと摂取すべきなのかもしれません(⊃д⊂)

太るやせるに腸内細菌が関係しているとは知りませんでした。運動だけではやせないよ~という理由もわかる気がします。カロリーよりも「何を食べるか」の方がずっと大事だってことも。

ちなみに腸内細菌は3~4日で死んで便と一緒に出るそうです。善玉菌を増やす努力をして、腸内環境が変わるのは10日前後になるとのこと。

便って食べかすのイメージ強いけど、ほとんどは腸内細菌の死骸と水分らしいですよね。最初聞いたときはほんと驚きましたヾ(≧▽≦)ノ

腸内環境良くするため、野菜や発酵食品をたくさん食べるぞ~!

スポンサーリンク

 

tiara24(ティアラ)

投稿者プロフィール

2010年7月よりモムチャンダイエット開始。2012年72kg⇒52kg達成!2017年1月64kgから再開!目標①55kg目標②52kg、理想は46~48kg(*´Д`*)
ダイエットとエイジングケアに焦る40代後半♀。猫と野球が好き。千葉に生息中^^
facebook twitter←ブログ更新通知してます♪

ブログ型ダイエット日記
ダイエットブログ日記『ダイエット☆マメグラフ』

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

Infomation

ご訪問ありがとうございます。管理人tiara21*改めtiara24です。とりあえずの目標は標準体重55kg!ガンバロー♪

にほんブログ村 ダイエットブログ モムチャンダイエットへ

ビフォー&アフター

  1. 2015-3-10

    チョンダヨンさんと2ショット!サインとお土産いただいて大満足♪

  2. 2014-4-27

    【モムチャンダイエット効果】体型写真のビフォー(2010年7月)&アフター(2012年7月)

  3. 2014-4-22

    憧れのチョンダヨンさんと写真を撮って、握手してもらいました!来年までに絶対痩せてみせると誓ったよ(*´Д`*)

ページ上部へ戻る